芝浦中央公園 四季折々の花が楽しめるドッグランのある公園。JR品川駅から徒歩5分芝浦中央公園 四季折々の花が楽しめるドッグランのある公園。JR品川駅から徒歩5分

四季折々の花と都会の美しい景観を楽しむ。芝浦中央公園

公園四季報

早春の花々《公園四季報》

芝浦中央公園から早春の花だよりをお届けします。

 
 

中央シモクレン
 

● 紫木蓮(シモクレン)モクレン科 

A面遠路沿いの紫木蓮が咲き始めました。

当園の木蓮は紫色の紫木蓮(シモクレン)です。

 

中央ユキヤナギ80%
 

● 雪柳(ユキヤナギ)バラ科 

園内各所で雪柳が咲き始めました。

満開になると、その名の通り枝いっぱいに

雪が積もったような白い花を咲かせます。

同じく花の姿を例えて「小米花(こごめばな)」

という別名もあります。

 

中央ツバキ80%
 

● 藪椿(ヤブツバキ)ツバキ科 

1月半ば頃からA、B面で咲き続けている藪椿。

つぼみも沢山ついていて、まだまだ開花が楽しめそうです。

 

中央シナレンギョウ80%
 

● 支那連翹(シナレンギョウ)モクセイ科 

A面にてシナレンギョウが咲きはじめました。

支那の名の通り中国原産の花です。

 

中央常盤マンサク新80%
 

● 常盤満作(トキワマンサク)マンサク科 

A面とD面の境目で常盤マンサクが開花中です。

名前の頭についている常盤(ときわ)とは、

一年中葉を絶やさない常緑の植物の意味を持ちます。

 

中央マンサク①       中央マンサク②
 

● 満作(マンサク)マンサク科 

D面の満作が満開です!

紐が集まったような不思議な姿をしています。

 

中央トサミズキ80%
 

● 土佐水木(トサミズキ)マンサク科

D面の土佐水木が開花中です。

土佐(高知)に野生のものが自生していたため、

土佐水木の名がついています。

葉の形がミズキ科の樹木の葉に似ていることから、

水木の名がついていますが、本当はマンサク科の植物です。

 

中央サンシュユ80% 

● 山茱萸(サンシュユ)ミズキ科 

D面にてサンシュユの花が満開です!

別名の「春黄金花(はるこがねばな)」の名の通り、

黄金色の明るい花をぽんぽんと賑やかに咲かせています。
 
 
 

梅の花が見頃です《公園四季報》

A面各所で梅の花が見頃を迎えております!

今日では花見と言えば桜の花のことを指す言葉ですが、

桜が花見の代表として定着したのは江戸時代以降のこと。

奈良時代に中国から花見の文化が伝わった当時は「花」と言えば梅のことを指す言葉でした。

● 梅(ウメ) バラ科

晴れの日

  

曇り空

中央曇梅①  中央曇梅②

雨の日

中央雨梅②  中央雨梅①

お天気や時間帯によって様々な表情を見せてくれます。

常緑樹と冬芽《公園四季報》

秋の落葉が終わり、花も緑も少なくなる寂しい季節。

そんな冬は、四季を通じて緑を絶やさない常緑樹たちが主役になる季節です。

芝浦中央公園の常緑樹を一部ご紹介します。

● 蘇鉄(ソテツ)ソテツ科

古生代末期から登場した「生きた化石」と呼ばれる原始的な植物です。
寿命も長く、ゆっくりと時間をかけて成長し、樹齢が千年を超えるものもあります。
「この木が弱ったときは、幹に鉄クギを打込んだり鉄を土に与えれば蘇る」
という伝承があり、そこから鉄で蘇る木、蘇鉄という名前がつけられたと言われています。

 

● 多行松(タギョウショウ)マツ科
中央公園②タギョウショウ小

赤松の園芸品種。(写真右。足下は隈笹)

株元からたくさんの枝を伸ばし、主幹がないことが特徴です。

花も葉もなく丸裸で一見素っ気なく見える冬の落葉樹。
注意深く観察してみると、植物たちの個性的な冬ごもりの姿が見えてきます。

 

● 花水木(ハナミズキ)ミズキ科
中央公園③ハナミズキ

タマネギのような形をしたハナミズキの冬芽。春になるとピンクや白の可愛らしい花が咲きます。

 

● 大島桜(オオシマザクラ)バラ科
中央公園④オオシマザクラ

動物のヒヅメや怪獣の足のようにも見える大島桜の冬芽。
大島桜は染井吉野とは違い、花と一緒に葉が展開します。

 

● 山茱萸(サンシュユ)ミズキ科
中央公園⑤サンシュユ

まんまるのサンシュユの冬芽。
早春、素朴な黄色の花を咲かせます。

秋になると真っ赤な可愛らしい実をいくつもつけます。

※ 冬芽(とうが・ふゆめ)とは…
夏から秋にかけて作られ越冬する芽。春に展開して葉や花になる。
寒さや乾燥から身を守るために硬い鱗片(りんぺん)に覆われている。

トピックス1月号

芝浦中央公園で毎月発行しております、トピックス1月号が出来上がりました。

0009

冬の花壇植替《公園四季報》

中央公園冬花壇① 中央公園冬花壇②

 

園内の花壇のお花が新しくなりました。
冬の花壇のお花は、プリムラ・ジュリアン、ノースポール、パンジーです。

 

冬花壇花紹介1冬花壇花紹介2

OLYMPUS DIGITAL CAMERA中央公園②

 

A面園路沿いの夏みかんの実が黄色く色づきはじめました。
夏みかんの食べごろは春から初夏にかけてです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

A面あずまや付近のイロハモミジが紅葉しています。
広げた手のような形の、とがった葉の先を、「いろはにほへと…」と数えた事が
名前の由来です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

A面あずまや付近のザクロ。
すっかり葉が落ちて裸になった枝に、ポツンと一つだけ、
色あせた赤い実が残っていました。

平成27年12月15日

花壇植替《公園四季報》

園内花壇の植替をしました。

DSC04353

サルビア・スプレンデンス

DSC04355

ベゴニア・センパフローレンス

DSC04350

平成27年9月22日撮影